労災かくし

「労災かくし」 に関する 相談は
最寄りの 労働基準監督署 へ!!

仕事でケガをしたのに会社から

「健康保険で治療を受けてくれ。」

「労災(保険)を使わないでくれ。」

と言われたことありませんか?

または、

「会社で補償するから…。」

と説明されたものの、十分な補償を受けられなかったことはありませんか?

 

これらは、いわゆる「労災し」に当たる可能性があります。

こんな時は、最寄りの労働基督署ご相談ください。

 

労働者の方が、業務遂行中(仕事をしている時)に業務に起因して(その仕事が原因で)負傷(ケガ)や疾病(病気)にかかった時は、が補償することになります。

労災保険は、労働者が業務上の災害や通勤による災害を受けた場合に被災労働者や遺族を保護するため必要な保険給付を行う政府管掌保険制度です。

 

一方、健康保険は、健康保険法第1条で「この法律は、労働者の業務外の事由による疾病、負傷…(中略)…に関して保険給付を行い、…(後略)。」と、その目的を定めており、仕事で負傷した場合は保険給付の対象としていません。

 

 

このページのトップに戻る

リンク集

     

 

富山労働局 〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.