ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 法改正のご案内 > 女性活躍推進法について(女性の活躍推進企業データベースを公開!)

女性活躍推進法について

女性が職業生活において、その希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するため、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されました。

 

女性活躍推進法の概要

常時雇用する労働者数が301人以上(※)の事業主は、(1)女性の活躍状況の把握・課題分析、 (2)行動計画の策定・届出、(3)情報公表などを行う必要があります。(労働者数300人未満の事業主については努力義務)

 

※労働者には、期間の定めなく雇用されている者のほか、過去1年以上の期間について引き続き雇用されている者又は雇い入れの時から1年以上引き続き雇用されると見込まれる者を含みます。

 

ステップ1  自社の女性の活躍状況を把握し、課題分析を行ってください。

行動計画の策定にあたっては、自社の女性の活躍に関する状況把握、課題分析を行ってください。次の(1)~(4)の基礎項目については、必ず把握する必要があります。

  (1)採用者に占める女性比率 (2)勤続年数の男女差 (3)労働時間の状況 (4)管理職に占める女性比率

 

ステップ2  行動計画の策定、届出、社内周知、公表を行ってください

ステップ1の結果を踏まえて、女性の活躍推進に向けた(1)行動計画の策定、(2)都道府県労働局への届出、(3)労働者への周知、(4)外部への公表を行ってください。
行動計画には、(a)計画期間 (b)数値目標 (c)取組内容 (d)取組の実施時期を盛り込んでください。

 

ステップ3  自社の女性の活躍に関する情報を公表してください

優秀な人材の確保と企業の競争力向上につなげるため、自社の女性の活躍に関する情報を公表してください。

 

関係資料

行動計画策定支援ツールについて

自社の女性の活躍状況の把握、課題分析、行動計画の策定にご活用いただける行動計画策定支援ツールです。

女性の活躍推進企業データベースについて 

自社の女性の活躍に関する情報公表や、行動計画の外部への公表の際は、

女性の活躍・両立支援総合サイト」内の「女性の活躍推進企業データベース」を、是非ご活用ください。

行動計画策定の届出について

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定した場合は、

主たる事業所の所在地の都道府県労働局雇用環境・均等室に届け出る必要があります。

常時雇用する労働者数が301人以上の事業主は、平成28年4月1日までに策定・届出をお願いします。

 

届出様式
届出先(持参又は郵送)

  富山労働局雇用環境・均等室

  〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号 富山労働総合庁舎5階

 

厚生労働省 女性活躍推進法特集ページ

その他の情報については「厚生労働省 女性活躍推進法特集ページ」をご確認ください。

優良企業の認定制度、関連する助成金、女性の活躍に関する企業の好事例等についても掲載しています。

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室   企業指導(5F)・・・TEL 076-432-2740

                                   企画(1F)・・・TEL 076-432-2728                            

リンク集

     

 

富山労働局 〒930-8509 富山市神通本町1丁目5番5号富山労働総合庁舎

Copyright(c)2000-2011 Toyama Labor Bureau.All rights reserved.